30代からの再就職応援サイト

30代からの再就職も可能です!

30代での再就職は20代と比較すると難しいと感じるかもしれませんし、同じ能力であれば若い人の方が採用されやすいかもしれません。しかし諦めることはありません。これまでの経験や新たな資格やスキルを身につけることが再就職への近道となります。また人材派遣会社や転職サイトを利用するのもおすすめです。

30代からの再就職におすすめのサイトまとめ

リクルートエージェント

リクルートグループの人材紹介部門で転職サイトのリクナビや人材派遣のリクルートスタッフィング等を展開している。求人数やサービスの質実績など総合的に見てもトップクラスの評判。業界最大手の知名度だからこそ集まる質の良い大手の求人など、他社の求人数を圧倒しており多くの求人を希望する方には最適。

マイナビエージェント

全職種に対応している大手人材紹介会社。以前は首都圏や関西圏エリア中心だったが今は全国をカバーし、若手・第二新卒のサポートと各業界のキャリアアップ転職に力を入れている。蓄積した企業情報があり、企業ごとに書類添削をカスタマイズし書類通過率の高さには定評がある。さらにマイナビエージェントに登録し転職が成功すればお祝い金がもらえるキャンペーンがある。

リクナビネクスト

毎週水曜日に更新される求人検索機能。自分の転職経歴や希望職種を匿名で登録しておくと企業や他の転職エージェントからオファーメールが届くスカウト機能。転職活動の基本情報から求人の探し方面接まで詳しく載った転職成功ノウハウ。自分に似た転職活動仲間が探せ活動状況や興味を持った求人情報が共有される転職仲間機能。業界最大手なので求人数も多くいろいろなサービスが充実している。

DODA

転職業界最大手のインテリジェンスが運営する転職サイトDODA(デューダ)。 非公開求人10万件以上という膨大な求人数と各企業の情報量が多いことで人気。 転職サイトでありながら、キャリアコンサルタントが仲介役となる「転職支援サービス」もあり、エージェントの性質も兼ね備えているのが特徴。 登録後に電話で行われるキャリアカウンセリングでは、転職活動の現状、今後の希望や今働いている会社の事など、じっくりと時間をかけて話す。それにより履歴書や職務経歴書ではわからない部分も、推薦状として企業側に伝えてもらえるので心強い。 また、一般的な転職サイトよりもずっと詳しい企業情報が得られる。例えるなら、他の転職サイトでは本のタイトルと目次、DODAはあらすじや人物紹介まで詳細に記載されているといった具合。情報収集の目的だけでも登録して損はない。

転職@type

1994年の求人誌時代から転職ビジネスを行っている長い歴史とノウハウを持っている。老舗的な企業であり、「利益重視ではなく人材重視で転職支援をしている」と業界人同士でも高い評価を得ている。また企業人事とのパイプも太く、type独占求人や非公開求人を多く受注できている。知名度が低く登録者数が少ないがゆえに一人一人にきめ細かい転職支援を行えている。

パソナキャリア

株式会社パソナパソナキャリアカンパニーが運営する転職支援サービス。昔は派遣をメインにしていたが、数年前から他の大手派遣会社よりも早く転職サービスに力を入れ始めた。元々の派遣ビジネスにより人事担当者に深く入り込んでいるので、他社とは少し違った毛色の求人や独占求人を多く獲得できている。パソナの社風が「利益よりも社会貢献」を掲げており、農園ビジネスや介護ビジネスなど日本の問題のビジネスにも取り組んでいる。その社風が反映されキャリアコンサルタントの対応も転職希望者への配慮があり評価も高い。

30代からの再就職を成功させるには?

目次

1.資格取得は再就職に有利

30代になってから再就職するのに有利に作用するのは希望する仕事に必要な資格を取得することだと思います。私も30代になってから再就職をした経験があります。そのとき私は地元にある物流センターで働きたいと思っていました。そのため前もって教習所に通ってフォークリフトの資格を取得しました。面接の際にはその点を強調してアピールしました。それが良かったのかは判りませんがその物流センターに就職することができました。仕事に必要な資格を取得しておくのは再就職にとても有効だと思います。

2.自分の強みを見極めること

30代で就ける仕事は、人生経験を活かせる仕事を選ぶことが大切です。10代、20代の人は、元気はつらつで若さを売りにした仕事を選べば良いと思いますが、30代の人は、同じレールに乗ってはいけません。途端に不利になって、仕事に就けなくなります。人間に深みが増し大人の対応ができることが30代の強みです。会社勤めの経験がない人でも、家事や介護の経験があればホームヘルパーの資格を取り訪問介護の仕事に就くことができます。介護職は今引く手あまたです。自分の強みをよく見極め、職業選択をすれば再就職は成功します。

3.以前の職場の評価

前の職場での評価がいいことは再就職に役立つのではないでしょうか。突然のリストラなどは別として、再就職をするという事は以前の職場で「辞めないでほしい」などを言われていたことはかなりの信用になると思います。ステップアップとしての再就職でないとそれまで以上の給料や待遇などはまず望めないですし、望まない方が無難だと思います。これまでの経験や技術も大事ですが、このような辞めて惜しまれるような人間性が成功するのだと思います。

4.若い人にはない安定感と忠実性をアピール

新卒採用や20代での就職活動と比べて、30代での就職転職活動はハンデがあるように思えます。会社側としては基本給など待遇面などを考慮してどうせなら若い人を採りたがるのではないかと思われるでしょうが、実は30代の方が会社として積極的に採用する傾向にあるようなのです。 まず成熟した大人であることから社会常識をわきまえていることで安定感もありますし、選り好みができる年齢でないことから会社への忠実度も若い人には負けません。こういった点を推すことで自分をアピールできるのではないでしょうか。あまり年齢が高いからとネガティブに考えず、落ち着いた雰囲気を出すことで転職活動もうまくいくと思われます。

5.今までと全く違う仕事

半ばにリストラにあい、新たに再就職先を探さなければならない経験を、30代の中頃に経験しました。 最初は、今までしていたような職種で再就職と思い、ハローワークや求人雑誌で再就職先を探し、面接を受けたのですが、全くかすりもしないで落ちてしまう状態でした。 ならば、今までと全く違う仕事をしようと思い立ち、ダメもとで面接を受けて、面接の時にも素直に経験はないことを話しました。 そうしたら、すぐに就職先が見つかり、今も仕事を続けています。 新たな気持ちで再就職先を探すのもいいかもしれませんよ。

6.前職と同じ職種

30代での再就職を成功させるためには、経験がすべてだと思います。そのためには前職と同じ職種に就くことが一番再就職が早いです。今までどんな経験をしてきて新しい仕事でどうやって生かすことができるかはっきりしていると、アピールしやすいです。また、経験があると即戦力にもなるので、企業側にはメリットです。年齢を重ねている分の経験があれば、企業側も心配がありません。その年齢まで何をしてきたかを企業側が気になるからです。

7.活動・交友範囲を広げること

今再就職活動中なのですが、同じような境遇の人達とよく話をすることがあります。そういった時によく聞くのは「人とのつながり」で再就職をするというケースです。 いわゆる企業のホームページに採用枠として乗っているものではなくても、人事の人に直接口をきいてもらえたりするケースは少なくないそうです。 ただそれもすべて人脈があっての話。色々な場に足を運んでいき、そういったチャンスを得られるだけの土壌作りをすることが大事だと思います。

8.仕事を選ばないこと

中途で入ってくる人は、「自分の好きな仕事じゃないので」と言って2、3日ですぐやめて行く人が多いです。自分のこだわりがあって会社を転々としている「辞め癖」がある人は採用されにくいです。再就職を成功させるコツは、ずばり仕事を選ばないことです。新たな職場に対して、何でもやらせていただきますといった態度をとること。そういう人は採用されやすいと思います。職場の仲間から「コイツはどんな仕事も一生懸命取り組む人だと」認められるようになったらしめたもの。

9.とにかく気長に待つこと

30代からの再就職を成功させるには、とにかく気長に待つことだと思います。20代に比べて30代になると、どうしても絶対数自体がが減ってきます。ただ、そこで焦るのではなくて、じっくりと様子を見ることも重要だと思います。焦って良いことは早々ないでしょう。その待ち時間には自己研鑽をして、来るときに備えると尚良いと思います。間違っても勢いで退職をして、次がないという事にはしてはいけません。じっくりとその機会が来るのを待ちましょう。

10.プライドを捨てること

自分も30代になり色々と経験してきました。 年を重ねるごとに再就職が難しいものだと思っていました。でも、案外そうでもないと思います。 まず、再就職において一番じゃまになるのがプライドです。プライドがあるから仕事を選んでしまうのです。 プライドなんて再就職にはいりません。これを捨てるだけで就職の幅がとても広くなります。 あとは、自分に自信を持つことだと思います。20代より30代のほうが経験は豊富です。体力などは落ちるかもしれませんがカバーできる経験があります。 プライドがある30代若さがある20代それよりもプライドを捨ててがむしゃらに働く30代のほうが雇用者は使いやすいと思います。

11.固定観念や習慣を捨てよう!

社会経験がある30代が再就職する際、前職での固定概念や習慣が邪魔をする場合があります。 前職で得たスキルや経験値をPRすることは良いのですが、あまりにも前職での仕事の進め方や考え方を全面に出すと、 再就職先での仕事の進め方や考え方に馴染めず、再就職できても苦労する場合があります。 その辺りを見抜ける面接官なら、採用を見送ることでしょう。 再就職先の規模や環境・雰囲気等をよく見て、即戦力として役に立つことを上手にPRしましょう。

12.譲れない条件を明確に

30代の転職は、とにかくいろんな環境要因が折り重なる事が多いですよね。家庭環境、職場環境、給与条件、将来的展望など。個人的に失敗しない条件設定には給与条件をまず第一に挙げる事が大切かと思います。複数の条件を明示される人が多いとは思います。もちろん、私もそうですが、給与条件を明確にした後に、職務内容や職種を吟味する形のほうが結果的に失敗しずらい再就職先の確保につながると思います。仕事にいくらやりがいや面白みがあっても給与条件が伴わないと継続できなくなってくるのが、30代からだと思います。

13.マッチングが第一

マッチングがうまくいくかどうかが全てです。30代ともなると、それまでの実務経験がどうしても問われがちです。そこでのプレゼンがうまくいくかどうか。それが全てです。また女性はどうしても家庭との両立方法について聞かれるのは避けられないので、男性よりも転職が不利になるのが現実です。会社も慈善事業ではないので説得力のあるプレゼンが必要になります。自分の就業に関する考え方をうまく伝え、会社の実績と合わせて伝えることが大切です。

30代からの再就職のポイント

30代からの再就職には何か自分のアピールポイントがあると強みになります。これまでの経験・スキルだけでなく、再就職に向けて新たに資格を取るのも良いでしょう。自分をアピールするだけでなく、謙虚な姿勢も大切になります。再就職すれば年齢は関係なく年下の先輩から指導を受けることもあるでしょうから、高いプライドは仕事の妨げになってしまうかもしれません。再就職にはある程度の妥協は必要になるかもしれませんが、自分の譲れないことの優先順位を考えて行動しましょう。

新着エントリー

一般事務は若い女の子のほうが良い
学校を卒業してから一般事務の仕事をしてきました。最もキャリアの不要な職種のようで...

自分のプライドや凝り固まった価値観は再就職の邪魔
私が30代で転職活動を行い、一番苦労し行き詰ったことを体験談に基づいてお伝えしま...

妊娠・育児に理解のある職場が必要
30代の再就職といっても、31歳と38歳の再就職ではかなり周囲の目が違ってきます...